通貨ペアとは? 「関野式・未来予測ロジック トレンド・ディスカバリーFX」

通貨ペアとは?




目次

通貨ペアとは?
通貨ペアの分類
「トレンド・ディスカバリーFX」での推奨通貨ペアは?
まとめ




通貨ペアとは?



FX(外国為替証拠金取引)で通貨ペアというと日本ではドル円が有名です。


通貨ペア(Currency pairs)は2つの通貨の組み合わせです。

ドル円の場合、UsdJpyとなります。

2つの通貨の組み合わせなので、左側の通貨と右側の通貨に分けられます。

左側の通貨を基準通貨(base currency)、右側を決済通貨(quote currency)と呼びます。

ドル円の場合、1ドルいくらで取引されているのかが表示されます。


通貨は1つの通貨で、通貨ペアは2つの通貨の組み合わせたものとなります。


「トレンド・ディスカバリーFX」でも右側の通貨、左側の通貨という表現で説明がされます。

細かい意味は覚える必要はありませんが、左側と右側という言い回しは慣れておくとよいでしょう。




通貨ペアの分類



通貨の格付けというのは公式なものはありません。

格付けといえば、債券の格付けです。


通貨ペアの場合、メジャー、マイナー、クロス通貨ペア等の言われ方があります。

ただ、これも国、証券会社、講師等、人によって違ってきます。



決まっているのは、例えばドル円は常にUsdJpyとドルが左側で円が右側になること位です。

FXなら普通Jpyは右側に来るものだと覚えるまでもなく何回も出てきて自然に覚えられます。



基軸通貨である米ドルが常に左側に来るかというとそうでもありません。

なぜか豪ドルやNZドルが米ドルの左側です。

覇権交代のあった英ボンドは植民地通貨に対しては左側。

ユーロはいつも左側の席に座っていますね。





米ドルは現在基軸通貨なので外国為替は米ドルを介して取引がされます。

一般に、通貨ペアの分類では、メジャー通貨ペア、主要通貨ペアと呼ばれたりします。


メジャー通貨ペアをドル絡みの通貨ペアとします。

これらをドルストレートと呼ばれています。

ユーロドル、ドル円、ポンドドル、ドルカナダ、ドルフラン、オージー米ドル、ニュージ―米ドル等です。

EurUsd、UsdJpy、GbpUsd、UsdCad、UsdChf、AudUsd、NzdUsdとなります。

このように、米ドルは基軸通貨ですが、常に左側とは限らないというのが見えてきます。



一方、クロス通貨ペア。

クロス通貨ペア(Cross-Currency Pairs)は米ドルが絡まない通貨ペアのことです。


ユーロポンド、ユーロフラン、ユーロカナダ、ユーロオージー、ユーロニュージ―、ユーロ円、ポンド円、フラン円、カナダ円、オージー円、ニュージ―円、ポンドフラン、ポンドオージー、ポンドカナダ等があります。

EurGbp、EurChf、EurCad、EurAud、EurNzd、EurJpy、GbpJpy、ChfJpy、CadJpy、AudJpy、NzdJpy、GbpChf、GbpAud、GbpCadとなります。



見ると円(Jpy)は常に右側になっています。

ユーロはユーロドルも含め常に右側の通貨になっています。

英ポンドはユーロとドルに対しては右側になります。




エキゾチック通貨ペア(Exotic Currency Pairs)

その他の通貨ペアとなります。


ただし、普通ユーロやドルとの組み合わせです。

北欧や新興国、アフリカの通貨とのペアになります。

「トレンド・ディスカバリーFX」では扱いません。




クロス円

クロス通貨ペアの中でも、FXでは「クロス円」という表現で円絡みのペアを呼ぶことがあります。



これは結構重要なのですが、円が動いている時、どの通貨ペアでの取引が有利なのかを見極める必要があります。

円が強くなっているから、ユーロ円、ポンド円の両方でショート。

ただ、効率を考えれば、より左側が弱い通貨の方がいいはずです。

その場合、ユーロとポンドの通貨の強弱感の判断が必要になってきます。

ユーロポンド(EurGbp)のトレンド判断がしっかり出来ていればいいわけですね。





「トレンド・ディスカバリーFX」での推奨通貨ペアは?



ユーロ、ドル、円、ポンド、豪ドル、NZドルの6つの通貨を見ていきます。



推奨の15通貨ペアとしては、以下の通りです。

EurUsd(ユーロドル)
EurGbp(ユーロポンド)
EurJpy(ユーロ円)
EurAud(ユーロ豪ドル)
EurNzd(ユーロNZドル)
GbpUsd(ポンドドル)
GbpJpy(ポンド円)
GbpAud(ポンド豪ドル)
GbpNzd(ポンドNZドル)
UsdJpy(ドル円)
AudUsd(豪ドル米ドル)
NzdUsd(NZドル米ドル)
AudJpy(豪ドル円)
NzdJpy(NZドル円)
AudNzd(豪ドルNZドル)



さて、ここで15通貨ペアも監視する必要があるのかという疑問が出てきます。

「トレンド・ディスカバリーFX」では、個別に通貨ペアを見ていくことはしません。

もっと効率的にトレードする通貨ペアの選択をします。



これは戦略部分に組み込まれている通貨ペアの強弱を見ていくものです。

戦略部分とは相場の環境認識です。



よくある、「サイン点灯でトレード!」、とはなりません。

これで上手くいかず、また別のものを求めて。。。

手法探しの旅、聖杯探しの旅ですね。

実は、ロジック以前が重要だったという話です。



ロジックを使う前段階に当たる作業です。

今まで、「聖杯は無い!」、そういうFXコンサルタントや講師はいました。


が、ではどうすればいいのかという明確な答えがありませんでした。

結局は経験を積んでスキルを高めカンを磨くということでした。

非言語の部分が多く長い長い道のりが必要でした。



今回は、それを言語化つまり明確な手順として提示しているのが関野さんです。

現時点で、最適な、つまり一番稼ぎやすい通貨ペアを選ぶ方法を提示しています。



固定した通貨ペアではなく、現在稼ぎやすい通貨ペアを選択する。

これによって伸び悩み、損切に引っかかるが減少します。

つまりストレスが減ることになります。



通貨ペアの強弱に関しては、関野さんの「エリオット波動塾」でも触れられていました。

「トレンド・ディスカバリーFX」のコメント欄を見ると分かるのですが、「エリオット波動塾」の人も参加しています。


先に出して欲しかった。。。

これが本音でしょう。


と、他人事のように書いていますが、自分自身そう思います(笑)

でも、「トレンド・ディスカバリーFX」が関野さんの最新なので仕方ないですね(笑)


ただ、「トレンド・ディスカバリーFX」の成果をエリオット波動に反映させることが出来るのが楽しみです。



FXで何千万も稼いでいるトレーダーでコンサルタントもしている人もまだ学習していると言います。

勝っていても継続学習ですね。




まとめ


通貨ペアとは、2つの通貨の組み合わせ。
一つの記号のようなものとして表示され、左側の通貨と右側の通貨がある。
クロス通貨ペアとはドル以外の通貨ペアであり、クロス円はその中の円絡みのもの。
「トレンド・ディスカバリーFX」では、6つの通貨を見て15通貨ペアの中から選んでトレード。
ただし、6つの通貨をより効率的に強弱感を見分ける。